「JCD PRODUCT OF THE YEAR 2021」のご案内


拝啓、平素より当協会の事業活動に多大なご協力を賜りましてありがとうございます。

JCD「プロダクトオブザイヤー」は、正会員様に向けて賛助企業様の優れた技術・デザインに基づく製品を認知していただく絶好の機会であり、応募製品・受賞製品の認知向上やPRについても協会としてバックアップする取組みです。

当協会は、今年創立60周年を迎え、この「プロダクトオブザイヤー」も15回目の節目の記念すべき年での開催となります。

コロナ禍で不安定・不透明な社会状況ではありますが、協会とアワードの将来の発展に向けて積極的な応募および御参加をお願い申し上げます。

敬具

★応募~審査のスケジュールと審査方法が従来と大きく変わります。(1次審査:正会員全員の投票により得票上位製品を選定。2次審査:特別審査員による審査によりグランプリを決定。)詳しくは応募要項をご確認ください。

★応募する製品がない賛助会員企業様は、2019年から企業の技術・取組み等を正会員に向けて広告・ PRすることができるようになりました。広告掲載についてもご検討ください。


【応募要項】

■応募対象

1)応募製品:2021年5月1日現在で販売されている製品。ただし過去に応募した製品は対象外とさせていただきます。

2)応募広告:企業の技術・取組み等をアピールする広告。正会員様・賛助企業会員様に配布する応募製品を紹介する小冊子に広告を掲載いたします。

■応募製品・応募広告に共通の条件・方法

1)応募資格:全国賛助会員企業および支部賛助会員企業

2)応募点数:製品は1社につき3点(3シリーズ)以内。広告は1社につき1点とする。

3)応募費用:全国賛助/1点(1シリーズ)につき 10,000円
支部賛助/1点(1シリーズ)につき 20,000円

4)応募の意志確認:6月15日 までに協会事務局あてに応募の予定をお知らせください。

5)応募方法:添付フォーマット(A4タテ)にて指定サイズを確認のうえ、6月22日までに協会事務局あてにデータ添付にてメールで送付願います。

■応募製品の審査方法

1)1次審査/JCD正会員が応募製品一覧を掲載した小冊子またはWebを見て検討し、審査基準に沿って上位3点をFAXまたはWebにて投票する。
投票点数を集計し、上位10製品を選出する。
審査基準は、「デザイン、機能、エコロジカル性、ユニバーサルデザイン性、革新的な技術やアイデア、新素材など総合的な観点から最も評価できる応募製品」としています。

2)2次審査/一次審査で選定された製品の応募企業様には、特別審査員へのプレゼンを実施していただきます。従来のグランプリ1点、準グランプリ2点の決定に加えて、審査員特別賞(SDGs等の観点で特に優れた製品など)の選定も検討しています。審査員(5名程度)については選考中です。決まり次第お知らせします。

■応募製品の表彰および発表

1)表彰式/JCD創立60周年の記念式典会場での表彰を予定しています。

2)発表/JCDホームページおよびJCD発行の「SHOKANKYO」や関東支部発行の機関誌への掲載に加えて、昨年実施して反響が大きかった月刊誌「商店建築」への掲載や「ジャパンショップ」での展示も継続する予定です。

■応募製品・応募広告のスケジュール(現在の予定であり、変更となる場合があります。)

1)応募期間:2021年5月14日(金)~ 6月22日(火)
応募の意思表示 ⇒6月15日(火)までに事務局あてに応募の予定をお知らせください。

2)正会員への応募製品の情報と選定の通知:6月末までに通知のうえ、7月初旬に小冊子配布とWebの投票案内を送信予定

3)1次審査の投票の締め切り:8月初旬予定

4)1次審査結果の連絡:8月中旬予定

5)2次審査の開催:9月中旬予定

6)表彰:10月22日(金) ※60周年記念式典会場(東京)にて表彰予定

■応募はこちらをご覧ください。

■応募についての問い合わせ窓口

JCD本部事務局 担当廣瀬: TEL:03-6277-4813 FAX:03-6277-4814 Eメール

※緊急事態宣言の発令に伴い、事務局は原則テレワークを行っておりますのでメールでのご連絡をお願いいたします。

■賛助会員の皆様へ
賛助会員の皆様は添付詳細の応募要項に則り、製品と広告の 製品と広告の 製品と広告の応募をご検討ください。過去の受賞作品については協会ホームペジでご確認ください。

製品と広告の応募 意思 について、6月15日(火)までに 事務局あてにメールでご返信ください。

■正会員の皆様へ
応募作品を1冊にまとめたA4サイズの小冊子を7月初旬頃に配布予定です。あわせてWebでの応募製品紹介と投票の方法もお知らせする予定です。詳細は別途お知らせいたします。


▲ページの先頭へ