青森県では始めての開催です。大野小学校はJR青森駅からおよそ3km、都市のなかにある学校です。
 大塚東北支部長の開会の挨拶に続き、新藤委員長より担当するグループの講師の紹介がありました。
 ワークショップに先立ち、新藤委員長の”デザインで大切な3つの話(寸法・素材・あかり)”、村上講師の”光源と空間の色による見え方の違い”のレクチャーをしました。道具の使い方等注意の説明の後、制作の始まりです。6~9名のグループに2~3名の講師が付き、アドバイスと制作補助を行いました。午前中いっぱい制作をし、担当する児童と一緒に給食をいただきました。午後からは体育館に作品を持って移動し、グループごとに発表を行ないました。
 フルーツ飴やジュース店、タピオカ店、何でも店、よろずや、カフェ、など業種も色々。そのほか未来にできたものを売る店、季節にちなんだ道具店、時間を止めたり未来の自分と話せる店、困ってる人を助けるロボット店、おかしなお菓子店、ゾウさんカフェ、近未来の駄菓子屋、などユニークなコンセプトのお店が12店出来ました。

<講師陣>

<参加講師>

 正 会 員 新藤 力、星 明臣、木村倫香、村上 敦、伊藤博文、大塚真司、浅川 洋、大沢 匠、
佐藤康樹、佐藤幸喜、佐藤浩幸、加藤景子、森内忠良、菊地 仁、須田喜久男、
福士晴也、鹿内洋晴  
 賛助会員 佐藤徳之、石川睦杜、山路真規、山崎文洋、角瀬高治、工藤 潤、滝本真也、
小畠正巳、前川明範、高田健吾、杉本憲治、野崎公二
 特別参加 工藤浩行、村上喬子、荒木和久
      敬称略 順不同
 
 

<材料を提供頂いた企業>

株式会社サカイ、 株式会社サンゲツ、 株式会社 ニップコーポレーション、 東リ株式会社、 
株式会社ニッシンイクス、 名古屋モザイク工業株式会社、 株式会社ダイナワン、 リリカラ株式会社、
スリーエムジャパン株式会社、 田島ルーフィング株式会社、 タカラスタンダード株式会社、 
TOTO株式会社、 大光電機株式会社、 株式会社アベルコ、 株式会社花森、 アイカ工業株式会社、
リンテックサインシステム株式会社、 タキロンシーアイ株式会社、 株式会社秀建築デザイン、
株式会社アルコア、 株式会社ピオ・プランナーズ、 デザインワークス、 株式会社千葉工芸社、
有限会社ネイチャーデザイン
       敬称略 順不同
 
 

<2020年1月  大野小学校 12グループの作品>

 
 

上段は業種
下段は店名

 
▲ページの先頭へ