山中湖村在住の会員、石田和代氏の紹介で山中湖村立山中湖中学校で「建築とデザイン・照明の話」のレクチャーをしました。生徒は2年生42名です。
雄大な富士と美しい湖の見える自然豊かな場所に山中湖中学校があります。授業が始まる前に、校長の小俣先生から「観光地なので、新しい物を取り入れる気質がある生徒達です。」と伺いました。
 中学生へのレクチャーだけの授業は私たちにとっても初めての試みです。どのような反応があるかちょっと心配でした。授業は3校時と4校時に行われました。3校時のはじめに奥平評議員からJCDの説明がありました。
続いて「建築の話」を25分パワーポイントを使っての説明です。初めての建築の話にみな興味を持って聞いていました。次に新藤委員長によるインテリアの説明です。実際に手がけた店や、著名人が手掛けたインテリアなど25分間スライドで解説しました。生徒だけでなく傍聴していた先生方もとても興味をもたれたようです。
 4校時目は新藤委員長の「デザインで大切な3つの話」と小田切副委員長の「光源と空間の色による見え方の違い」のレクチャーと、日常生活の中での照明の話です。日常生活の中での照明の話は生徒達にも身近に感じられたようです。
 最後に生徒代表が御礼の言葉と授業の感想を述べてくれました。初めての試みでしたが喜んでもらうことが出来ました。今後の活動に生かしたいと思います。

 
 

<講師>  Soda委員会

奥平与人、 新藤力、 小田切純子 敬称略 順不同
 
 
▲ページの先頭へ