クラスの半数がミニバスケットボールクラブに所属していて(半島地区では強豪校らしい)、みんな背中にメッセージを背負っている。
「全員バスケ」「速攻No.1」「瞬速」「てるしの乃風」「みんなで勝ちとれ勝利の喜び」「魂」・・・。

とにかく沖縄は熱い!!つくりたいショップごとに7つのグループが組まれ、それぞれかなり具体的なスケッチが用意されていた。また、「カーショップ」の男子チームはミニカー、「ブティック」の女子チームは自作の洋服といったようにショップに置かれる商品もちゃんと準備されていた。作業は自主的に分担されチームワークの良さを感じた。兼次小学校の作品の特徴は、ちゃんと事前の準備がなされ、どの作品も細かく手がかけられて完成度が高いことである。発表会では下級生も参観してくれて、先輩たちの作品に感嘆の声を上げていた。

今回のワークショップは沖縄支部で企画された。20名の支部会員が講師として集結。
前日、近くの民宿に合宿し「沖縄支部は Soda の活動を継続します。沖縄中の小学校でワークショップを実施したい。」と思いを伝えていただいた。宿のご主人の三線(さんしん)の音に泡盛もまわり、沖縄の時は流れた。

 
▲ページの先頭へ