中部支部主催のはじめてのワークショップです。名古屋市中区の南西部に位置し、花市場が多くあった地区だそうです。地下鉄鶴舞線の大須観音駅から800mです。駅から学校へ行く途中にフィギュアスケートのオリンピック選手を多数輩出したスケートリンクがありました。
 6年生は1クラス31名、とても礼儀正しい子どもたちでした。担任の斎藤先生のはじめの言葉に続き、JCD中部支部の不破支部長の挨拶と講師紹介がありました。続いて新藤委員長の”デザインで大切な3つの話(寸法・素材・あかり)”、小田切副委員長の”光源と空間の色による見え方の違い”のレクチャーのあと、早速制作に取り掛かりました。5~6名の制作グループに1~2名の講師が補助に入りました。ユニークな店名のハンバーガーショップ、シックで大人っぽいカフェ、着物と扇子の店、ジェットコースターで運ぶ鮨屋、オシャレでポップなケーキ屋、お客様はセレブという文房具店、どれも子供たちのこだわりの詰まった6店舖が完成しました。

<講師陣>

 中部支部正会員 不破淳二、大藪由紀夫、丹羽浩之、中川健司、亀井寿子
 賛助会員 渡辺 尚(リビエラ株式会社)、七間厚祐(東リ株式会社)
 関東支部正会員 新藤 力、小田切純子
 賛助会員 藤原 巧(株式会社プラン・ドゥ・モトハシ)、菅井雅美 (株式会社サカイ)
<お手伝い頂いた方> 渡邉めぐみ(田島ルーフィング株式会社)
<参 観> 田尻尚美、兵藤 縁
      敬称略 順不同
 
 

<材料を提供頂いた企業>

東リ株式会社、 株式会社サカイ、 旭コンテックス株式会社 
田島ルーフィング株式会社、 株式会社TNコーポレーション
       敬称略 順不同
 
 

<6グループの作品>

 2017年10月11日(水) 名古屋市立松原小学校 6年生

 
 
▲ページの先頭へ