2日目は1組と2組です。2校時~5校時までの授業時間の中での制作と発表でした。
今回、本屋と居酒屋がそれぞれ2店舗ずつありましたが全く違うデザインでした。
2日間で24店舗のお店が完成。細部にまで工夫された完成度の高い仕上がりでした。

<講師陣>
Soda本部: 奥平与人、新藤 力、小田切純子、木村倫香、品川正之、加藤博正、 雲野一鮮、石橋美幸
福田裕治、根本正夫
特別参加 : 内山敬子、沢瀬 学(KEIKO+MANABU )
学 生  : 国安志保、二村 玲、久保 茜、三田紗永子、沖津花奈(工学院大学)
D.MUNKHZUL(千葉大学) 
  敬称略 順不同

<こんなお店つくりました>



本屋


スーパーマーケット


居酒屋


まんがきっさ


パン屋


おにぎり&寿司屋


洋服屋


カフェ


本屋


コンビニ


居酒屋


ハンバーガーショップ

 
 

<協賛企業> 2日分の材料をご提供頂きありがとうございました。

株式会社サカイ、 株式会社サンゲツ、 ニッタイ工業株式会社、四国化成株式会社、 立川ブラインド工業株式会社、
株式会社タジマ、名古屋モザイク工業株式会社、株式会社中川ケミカル、 ナショナル物産株式会社
東リ株式会社、 株式会社ベルファニチャー                         敬称略 順不同
 

<浜田山小学校 ワークショップを終えて> 

JCD Soda委員会委員長 新藤 力

杉並区随一のマンモス校、区立浜田山小学校6年生140名を対象としたワークショップ。2クラスずつ2日間に渡っての開催となった。浜田山は都内近郊の住宅地で、近年大型の高級マンションの建設が相次いでいる。子供たちの中には音楽や演劇など文化的分野で高い能力を示す子が多く、中学受験比率の高いのもこの学校の特徴である。
 いつものように1時限目はレクチャーであるが、小学生らしからず講義を静かに聴く姿勢には感心するとともに少々戸惑ってしまった。作品のテーマは実に多彩で、クリスマスツリーを飾った「木の葉ぎんこう」、おしゃれな銭湯「SENTOU」、おにぎり&寿司「Popan」、特にアミューズメントパーク「アドベンチャーワールド」は大変な力作である。ネーミングも面白いものが多い。本屋「楽読」、居酒屋「酒郎」、パン屋「美味(おい)パン」、コンビニ「コンビニもどきモーソン」などなど。生活体験の豊富さを感じ、どの作品もリアリティーを持っている。また、創作においてすでに世界観をもっている子がいるのにはとても驚いた。地方の子供たちはその土地ならではの“風土”を感じるが、都市部の子供たちも同じように都市環境に由来する“風土”を持っているようだ。
 後日、地元の信用金庫のエントランスホールで全24作品を展示させていただき、多くのみなさんに見ていただく機会を得た。
来場者には大変興味を持っていただいたようで、今後、制作した作品が公開展示していただけるよう企画をしていきたい。


▲ページの先頭へ